aws運用とは何か?初心者でもすぐにわかる!

近頃はawsを運用している会社が増えてきています。awsという言葉を聞いたことがあっても、どんなサービスなのか知っている人は少ないのではないでしょうか。これからawsの運用を考えているけど、インターネットで調べてもよく分からないと頭を抱えている人もいるはずです。

そんな人たちのために、awsの運用についてわかりやすく説明します。

そもそもawsとは何なのか?

awsはAmazon Web Servicesを略した言葉です。Amazonはネットショッピングや動画見放題サービスなどを提供している会社で有名です。そのAmazonが展開しているクラウドサービスがawsになります。

クラウドサービスのクラウドとは雲を意味していますが、その理由は数え切れません。中にはネットワークのことを雲で表現することが多かったからではないかと考えている人もいます。awsを導入すれば、データの管理をAmazonがしてくれるの安心です。

awsのデータを管理している場所は、全世界で24箇所もあります。GmailやYahooメールもクラウドサービスになるので、クラウドサービスを利用している人はたくさんいます。データの管理をしなくてもいいので、メールのサービスは誰でも簡単に利用できます。

iCloudやDropboxなどもクラウドサービスです。オンラインストレージというもので、データが保存できる優れものです。

いろいろな問題を解決できるサービスの多さ

awsはいろいろなサービスを提供しています。ですから、サービスを組み合わせて使えば自分が抱えている問題を解決できます。代表的なサービスはAmazonのサーバーやデータベース、ストレージなどです。これらのサービスは聞き覚えがあるのではないでしょうか。

自分でいろいろな機器を買いに行く必要がないので便利です。これらのサービスを利用すれば、難しい設定で悩まされることもなく、簡単に設定できます。使う必要がなくなったらすぐに消せるので簡単です。例えば、アパレル業界は頻繁にセールがあり、季節によって売上に差が出ます。

ネットショッピングの場合だと、サーバーで注文や履歴などを管理しています。そのため、セール期間はアクセスが集中してサーバーがダウンしてしまうこともありえるのです。

ですが、セール期間だけサーバーを増やすのも大変です。こういった問題にもawsを利用すれば解決できます。例えば、毎日たくさんの人が利用しているコンビニでは、商品の入れ替えが大変です。店舗数が多いので、たくさんの情報が管理しきれないことがあります。

そのため、メンテナンスなどに時間とコストがかかり大変です。この場合もawsを利用すれば問題を解決できます。利用することによって、新しい商品や戦略を考える余裕ができるのです。このようにいろいろな問題を解決できるので、教育機関や金融機関、政府などawsを導入している会社はたくさんあります。

awsを導入するメリット

awsを導入するメリットはたくさんあります。大きなメリットはコスト面です。awsは初期費用が一切かかりません。料金は使った分だけ支払えばいいシステムです。awsは継続的な値下げを行っているので、利用する人が増えればさらに安くなります。

柔軟にサーバーの台数を増減できるのも魅力的です。それだけではなくメモリやCPU、ストレージのサイズなども変更できます。そのため、必要に合わせて余分な設備を用意しなくてもいいので、コスト削減が期待できるのです。

awsは毎年新しいサービスが追加されたりアップデートされたりするので、常に最先端の技術が使えます。さらに、セキュリティのレベルが高いので、世界中の人たちが安心して利用しています。

awsを導入するデメリット

メリットだけではなくデメリットもあるので、注意が必要です。awsはいろいろなサービスを提供しているので、どの組み合わせにすればいいのかわからない人もいるでしょう。いろいろなサービスがあるのは魅力的ですが、インターネットに詳しくない人にとっては、組み合わせを考えるのは大変なことです。

そういった場合は、すでに導入している企業に相談するのがいいでしょう。コストの変動予測が難しいというデメリットもあります。なぜなら、会社がawsを導入する場合は、予算を決めないといけないことがあるからです。

需要の変化があまりなければ簡単に予測ができます。ですが、変化が大きければ予測が困難になるので気を付けないといけません。

awsを導入した方がいい人

データがたくさん増えてきて整理が追いつかず困っている人はawsを導入した方がいいです。今までのデータから分析することもできるので、整理がしやすくなります。在宅勤務を考えている人にもおすすめです。awsなら自宅から会社のサーバーに簡単にアクセスできます。

ディスプレイやマウス、キーボードがあれば、仮想のデスクトップを立ち上げられることができるサービスもあります。webサイトを作成したいと考えている人にもおすすめです。awsのサービスを組み合わせて利用すれば、簡単にwebサイトを作れます。

webサイトを作るために必要な機能がパッケージになっているサービスがあるので便利です。

awsの導入方法

awsの導入方法は簡単です。まずはホームページを検索して、アカウントを作成します。連絡先や支払い方法を登録する必要があります。支払い方法は基本的にクレジットカードです。ですから、事前にクレジットカードを用意しておきましょう。

サポートプランを選ぶ時は、初心者でも使いやすい無料のベーシックプランがおすすめです。登録が終わるとメールが届きます。メールが届いたらトップページから、メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

awsマネジメントコンソールという画面で、インスタンスの作成や設定、利用状況などの管理ができます。awsマネジメントコンソールは、アイコン表示なので分かりやすいです。前は英語しか表示されませんでしたが、今は日本語も表示されるので安心です。

新規会員登録の場合は、一定期間無料で利用できるサービスがいろいろあります。この機会にいろいろ試してみるのがいいでしょう。

awsの運用は誰でもできる

awsを導入するためには、まず基本的なことを理解する必要があります。いろいろなサービスがあるので、自分に合ったサービスを組み合わせることが大切です。メリットだけではなくデメリットも知っていれば、しっかり対策できます。

awsの導入方法は簡単なので、誰でも運用できます。何かわからないことがある場合は、すでに導入している会社に相談するのも1つの手です。

参考リンク|aws運用 ... https://managed.gmocloud.com/managed/